2017.8【繕いものの思惑】

集中する時間、たのしー(>▽<)

針を動かしてる間って、どうしてこんなに楽しいのかなあ。
写真を見て頂いてもわかると思いますが、とってもおーざっぱな性格な私。
おーざっぱだから、針仕事には向いていません。
なのに、なぜやろうと思うのか、そしてなぜたのしーなーと思うのか、本当に不思議。

だけど、おーざっぱでいいこともあります。それは、あんまり細かいことを気にせず、間違ってもまーいっか。で済ませられること。
細かいことを気にしない分、ストレスにならず、長続きするのかもしれません。

それにしても3人の子どもの母には、なかなか集中する時間を取るのは難しい。
これだけの部分を縫うだけで、ようやっと。
1歳の息子が飛び込んで来る度、ヒヤヒヤ。
だけど、なぜ寝静まってからではなく、わざわざ子ども達が起きている日中にやるのか。
それは、こうやって繕いものをしている母の姿を頭の片隅にでも覚えておいてくれるといーなーと思って。
そして、大きくなって物が壊れたりした時に、ふと思い出してくれるといーなーという思惑があってのことなのです。

今回使った技法は、ダーニングというヨーロッパの修繕の技法だそうです。たて、よこと糸を織物の様に渡すところが素敵だなと思いました。

少々派手な糸で繕ったので、長男には嫌がられるかも笑。
でも初心者には見やすくてやりやすくてよかったです!
次回は青×紺とかにしようかな(^^)
色選びも楽しいですね♪

そして子ども達が繕われた分、愛着を持って来てくれるといいなと思います!

引き続き、半身頑張ります(^皿^)

 

これからも『衣』を通して気づく大切なこと、お伝えできたらと思います!

今回もたわいもない話にお付き合い頂きまして、ありがとうございました(^^)

来月も月末に更新致しますので、ご覧頂けますと幸いです。

どうぞ、よろしくお願い致します!

01. 9月 2017 by hosiya
カテゴリ: お知らせ, 未分類 | コメントは受け付けていません。