2018.3【おひさまのにおいの服】

ぽかぽかおひさまいいにおい。
洗濯物をおひさまの光に当てて乾かすと、おひさまのにおいがするから本当に不思議!
私はこのにおいが、すごく好きです(^^)

そして私の手持ちの服の中に何故かこのにおいがより香る服があります。
その服は綿を手で糸にしたものを手で織って布にした生地を使っています。
私の想像では、手作業で行われたそれは、糸の太さが均一でないことや織りの目が詰まっていないことで、織りの目の間に空気をより蓄えることが出来、それにより、おひさまのにおいの空気もたっぷり生地に蓄えられるのではないかなと思っています。
手作業で作られた生地の利点は、他にも生地自体がフカフカになる点です。先ほどお話ししたようにギュッと織られていないので、綿が膨らめる余裕があり、洗濯後はとくにフワーっとふかふか!気持ちいい!と、触れていると織り目の間に蓄えられてた空気もバフっと出てきて、幸せな心地になります(^^)
そんな服を着ると、まさにおひさまをまとっているようで気持ちがいいです!

もちろん欠点もあります。
手作業で糸にすると、機械のようには細くなりません。なのでどうしても1本1本の糸が太くなり、1本の糸の時は何gという単位でも、たくさんの糸を使って織り上げた布は重くなります。
それでもあの着心地を手放すのは残念…

そこで人の知恵が活躍するのです!
服にする時、どういうデザインにすれば欠点を出来るだけ抑えられ、利点を生かせられるのか。
また服に使わなくても、布団カバーに使うとか、タオルにするとか、重さをそこまで重視しない使い道を考えるとか。
絶対にそれでなければと考えるとしんどくなります。
それぞれの利点を把握しその時その場所に応じて使い分けることで、生活の幅が広がるように思います。
まずは1枚、暮らしに手紡ぎの手織り布を取り入れて見てください(^^)
洗濯後は、是非においを嗅いで見てくださいねー笑。

今回もたわいもない話にお付き合い頂きまして、ありがとうございました(^^)
これからも『衣』を通して気づく大切なこと、お伝えできたらと思います!
来月も月末に更新致しますので、ご覧頂けますと幸いです。
どうぞ、よろしくお願い致します!

05. 4月 2018 by hosiya
カテゴリ: お知らせ | コメントは受け付けていません。